太陽光発電の流れ

まず、太陽電池モジュールとも呼ばれる太陽電池パネルが、降り注ぐ太陽光を電気エネルギーに変換する役割を担います。

ここで集められた電力は直流であるため、家庭で使える100Vの交流電力に変換します。その役割を担うのが「パワーコンディショナー」です。

インバータとも呼ばれるこの装置は、周波数や電圧・電流を調整し、電力の品質を保持するための保護装置のほか、停電時に対応するための自動運転機能が装備されているものが多いです。

パワーコンディショナーで変換された電力は、「分電盤」を通じて家の中の各コンセントに送られます。

以上が家庭内での太陽光発電の流れになります。

コメントは受け付けていません。