太陽光発電 国の補助金概要

日本では、経済産業省によって住宅用の太陽光発電システムに関する補助制度が行われています。

対象者としての条件を満たせば、「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」と呼ばれる補助金が支給されます。

平成23年度の補助金は、1kWあたり4.8万円となっています。

■申請期間:平成23年4月12日~平成23年12月22日
■予算額:349億円・17万戸程度の補助を想定
■補助金額:1kWあたり4.8万円
■対象となる太陽光発電システムの概要:
・低圧配電線と逆潮流有りで連系していること
・太陽電池モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること (太陽電池の種別毎に基準値を設定)
・一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること
・公称最大出力が10kW未満であること
・1kWあたりのシステム価格:60万円/kW以下(税抜)であること

この数年で太陽光発電システム自体の価格相場が下落傾向にあり、補助金の金額も引き下げられています。

一方で、補助件数想定は昨年度より約2万件多くなっています。

コメントは受け付けていません。