太陽電池の設置には、影と温度にも注意を

太陽電池を設置する際には、影と温度にも注意が必要です。

影がかからないようにする

太陽電池モジュールの一部にでも影が入ってしまう場合、出力が大幅に低下してしまう可能性があります。庭の木や屋根に取り付けたアンテナ、屋根裏の盛り上がり部分の影などが、太陽電池にかからないようにしましょう。

温度が上がり過ぎないようにする

基本的に、太陽電池は温度があがるほど発電量が低下してしまいます。注意が必要なのは夏場で、屋根の上の温度が80℃以上になることもあります。

屋根と太陽電池の間には空気の通り道を確保して風通しを良くするなど少しでも温度を下げられるようにしておくこともとても大切です。

コメントは受け付けていません。