複雑な価格構成で難しい見積もり

太陽光発電システムの価格を決定する要素は10以上あり、導入する住宅環境によりさらに変わってくるため、価格設定が非常に難しいとされています。

太陽光発電の価格を決める主な要素

  • 太陽電池モジュール
  • パワーコンディショナー
  • 接続用ケーブル
  • 昇圧装置
  • 発電モニター
  • 架台
  • 電気工事費
  • 屋根工事費
  • 売電用メーター
  • 申請費用
  • 運搬費用
  • 諸経費
  • 販売会社の利益

このように装置の値段だけでなく、諸経費などもかかってきます。

業者により項目内容や値段が変わるほか、屋根に合う屋根材の違いによって設置工法も変わり、同じシステムでも価格が変わるケースもあります。

したがって、見積もりは必ず複数の設置業者に依頼するのが賢明です。

コメントは受け付けていません。