発電装置としての太陽電池

太陽電池は、乾電池のような電気の溜池ではなく、太陽光を利用した発電装置です。

1954年、アメリカのベル研究所によって発明された電源装置が、太陽電池の原型となりました。

当時ベル研究所は、アメリカの電話通信に関する研究・開発を行っていた機関で、アメリカ大陸内部の荒野における通信基地の電源として開発されました。

日本では太陽電池は電卓などの用途で1980年ころから普及。1992年に一般住宅での発電装置として、始めて設置されました。

コメントは受け付けていません。