シャープ ルーフィット設計

シャープの住宅用太陽電池は、従来設置が難しかった小さな屋根や複雑な形の屋根にも設置することができます。

こうした屋根ごとの最適設計は、「ルーフィット設計」と呼ばれています。

切妻屋根、陸屋根、寄棟屋根、平板瓦一体型などさまざまな形に対応する商品をラインナップ。

サイズの異なるモジュールを組み合わせることで、屋根により多くの太陽電池を載せられるようにして、パネルの面積と発電量を増やせるようになっています。

コメントは受け付けていません。