太陽電池の期待寿命について

太陽電池の寿命は、メーカーやメンテナンス状況により変わりますが、概ね期待寿命として20年~30年としているところが多いようです。

但し、電流変換や分配を行う装置であるパワーコンディショナーなどは、設計寿命が約10年となっており、システム全体としての寿命も同様の長さと見るのが一般的です。

メーカーのシステム保証期間が10年となっているところが多いのも、そうした理由があります。

10年単位で新たなパワーコンディショナーに交換することで、より長く太陽光発電システムを利用することができるようになります。

コメントは受け付けていません。