2011年4月より「太陽光発電促進付加金」開始

2011年4月より、電力需要家すべてが財源を負担する、「太陽光発電促進付加金」制度が始まりました。電力買い取りの財源を電気利用者みんなで負担するというもので、1ヶ月の電気使用量が約300kWの家庭では、月3円~21円(電力会社により異なる)の請求が行われています。