燃料 を必要としない 太陽光発電

太陽の無限とも言ってもいいエネルギーを利用する太陽光発電は、従来の火力発電や原子力発電のような地球に存在する有限の燃料を使う必要がありません。

これは簡単なことのようで、実は大変な利点でもあるのです。

まず、化石燃料の埋蔵量は、あと50年ほどで資源が枯渇すると言われています。そうした資源の心配をする必要がなくなるので、人類全体が恩恵を受けることにつながります。

資源の争奪を理由とした国家間の紛争解決にも大きく貢献できると考えられています。

また火力発電では発電の際の排熱や送電ロスにより、化石燃料が持つエネルギーの約35%ほどしか電気として活用できませんでした。太陽光発電では送電ロスが大幅に減り、発電量の約90%を電気として利用できます。

また設備を一度設置したならば、燃料の追加やメンテナンスも必要としないため、維持管理費もほとんどかかりません。

燃料を必要としないというだけでも、これだけのメリットがあるのです。

コメントは受け付けていません。