家計 にも役立つ 太陽光発電

これまで太陽光発電は、1キロワット時あたり48円前後という、火力発電の7倍ものコストがかかるとされてきました。

しかし2009年11月、太陽光発電の電力買取制度を政府がスタートさせたことをきっかけに、コストがどんどんと下がってきています。

これにより電力会社の電気買取価格も、1キロワット時あたり約24円から約48円(2倍)となりました。

また国だけでなく多くの地方自治体が補助金制度を整備し、家庭における太陽光発電の普及をさらに後押ししています。

そこでは発電コストそのものを約24円まで引き下げようという大きな目標が掲げられています。

こうした政府などの後押しもあり、今後ますます設置コストは下がっていくものと思われます。

太陽電池の素材開発も進み、設備投資も一般家庭においてもしやすくなっていく見通しです。

コメントは受け付けていません。