太陽光発電 買い取り制度の主なポイント

自宅などで太陽光発電によって発電した電力(余剰電力)を、電力会社に買い取ってもらうことができます。

いくらで買い取ってもらえるかは、住んでいる地域に関わらずすべて一定で、2009年11月以降は、1キロワットあたり48円が電力会社に義務づけられています。

自治体の補助金制度と組み合わせることで、10年程度で初期投資の元を取ることもできるようになるとも言われています。

買取制度の主なポイントは以下のようになります。

  • 太陽光発電で作られた電力のうち、余剰電力が買取対象。
  • 買い取りの期間は、最初の検診日から120ヶ月。
  • 買取価格は10年間固定される。
  • 負担額は、太陽光サーチャージとして電力需要家全員で負担
  • 一般住宅の買取額は48円/kWh
  • 太陽光と燃料電池など併設の場合の買取額は39円/kWh
  • 工場、事業所、住宅の場合の買取額は24円/kWh

コメントは受け付けていません。