太陽エネルギーについて

太陽光発電 は、太陽から降り注ぐ大量の光エネルギーを、「 太陽電池 」と呼ばれる パネル によって電力 に変えていくシステムです。

地球に届く太陽の光エネルギーは、約18万テラワット。

雲や大気によって反射される分を除くと約13万テラワットのエネルギーが、地表に降り注いでいることになります。

テラワットという単位が想像しにくいかもしれませんが、地表に届いた光を電力に変えたとすると、1時間の日射で、全人類が消費するエネルギーのなんと1年分の電力に匹敵すると言われています。

しかもそれだけ膨大なエネルギーを発する太陽は、あと50億年もの寿命があるとされていますので、人類に取っては無尽蔵のエネルギー資源でもあるのです。

地球外からの光エネルギーを燃料することで、石油などの化石燃料のように環境汚染の原因にもならないという大きなメリットがあります。

太陽エネルギーを活用することは、人類のエネルギー資源不足を解消し、地球環境にも優しい理想的な資源であると言えます。

コメントは受け付けていません。