英語を英語のまま理解するには?

日本語を介さずに英語を理解する

学校での英語の勉強は、常に英語を日本語に訳すという形で行われてきました。そのため、一語一句日本語に訳すことが英文を理解することと思われていますが、英語でのコミュニケーションの場合は、通訳や翻訳の仕事をする場合を除いて、日本語を介さずに英語を英語のまま理解するということがとても重要になります。

いちいち日本語を介すことで、読解や聞き取りのスピードはガクンと落ちてしまいます。カジュアルな場での会話ならともかく、商談の場や会議での議論をしている時なら英語のスピードについていけないというのはコミュニケーションに齟齬をきたします。

gilr

英語を英語で理解できるようになる方法

英語を英語で理解できるような回路を作るためには、やさしい英文を大量に処理していわゆる英語脳を作っていくトレーニングが欠かせません。まずはあえて訳さなくても意味がわかり、かつどのように発音するかもわかっている英文を、何度も音読して脳にインプットしていきます。数回で終わらせるのではなく、30~50回程度繰り返すことが理想的と言われています。まずは中学校の教科書レベルのものを、何度も読むようにしてみてください。

この時重要なのは、何も考えずに字面を追うのではなく、英文の構造と意味をしっかり把握している状態で何度も繰り返すということです。そして黙読ではなく必ず声に出すようにします。

このトレーニングを繰り返していくことで、徐々に英語の回路が構築されていきます。慣れてきたら、読み込んだ英文に出てくる単語や熟語を、別の英語で説明できるよう英英辞典の定義もインプットするようにしていきます。英語のパーツを別の英語のパラフレーズするということも、英語脳構築のためにはとても重要な要素になるからです。

パラフレーズの引き出しが増えてくると、英語を母語として話す人とのコミュニケーションもかなりスムーズになってきますので、ぜひトライしてみてください。

コメントは受け付けていません。