難易度の違う英文に接する

英字新聞

英語は無理し過ぎると続かない

英語力を高めたいと思う人ほど、背伸びをして難易度の高い教材にチャレンジすることが多いかもしれません。ですが、難しい教材を使っていると、無理をしているため挫折しがちです。続けられたとしても、理解度が追いつかずフラストレーションが溜まってしまいます。
もちろんそうした向上心は重要な事ではありますが、語学は継続が大事ですので、楽しさを感じられないとどこかでモチベーションを維持することが難しくなってしまうかもしれません。精神衛生上もあまりいいとはいえません。
英字新聞
ですので、ハードなものばかりではなく、難易度の異なる教材を平行して学習することをオススメします。
やさしい教材はじっくり精読したり聴きこんだりして、英語を英語のまま理解する基礎トレーニングに使えますし、難しい教材は100%の理解は目指さずに、概略を理解して、ちょっとずつボキャブラ リーを増やすために学習するといった使い分けをすることで、継続性と英語の定着率を高めることができるかと思います。

副教材にオススメの子ども向け英字新聞

定期的にやさしい教材に接することで、いま自分がどのくらい英語力がアップしたかを実感することもできます。またカンタンなものならいろいろなジャンルのトピックを追うにもハードルが下がりますから、基本的な背景知識を増やす準備にもなります。

子ども向けの英字新聞は優しいながらもいろいろな題材が取り上げられていますから、ぜひ教材として使ってみてください。

コメントは受け付けていません。