精油 ( エッセンシャルオイル ) を 希釈 する「 基材 」について

アロマテラピーを行う際、 精油(エッセンシャルオイル)は刺激が強すぎるため直接肌につけることはできません。

芳香 するにしても 香り が強すぎてしまうため、精油の効能を発揮させるには希釈することが必要です。

精油 の 希釈 に用いる材料を「 基材 」と呼びます。基材として最もよく用いられるのが水です。

バーナーやアロマライトを使い、水で希釈した精油を拡散させる方法が最もポピュラーな使い方です。

その他、植物油やアルコール、蜜蝋、グリセリンなど様々なものがあります。

代表的な基材を紹介していきますので、参考になさってください。

→キャリアオイル/ベースオイル について

コメントは受け付けていません。