アロマテラピー で使う キャリアオイル / ベースオイル

キャリアオイル / ベースオイル とは

アロママッサージ など、直接肌に精油をつけるときに主に使われる植物油です。ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸などの有効成分が多く含まれています。

キャリアというのは「運ぶもの=芳香成分を体内に運ぶ」といった意味を持ちます。植物由来の基材は、食用としても使われる安全なものですので、美容や医療分野でも広く活用されています。常温で固体のままの油脂は「バター」とも呼びます。

以下代表的なものをご紹介します。

スイートアーモンドオイル
スイートアーモンドの種子から採れる植物油脂。無色~淡黄色で、においはほとんどありません。栄養素も豊富で、保湿効果も高いため、マッサージによく使われます。

ホホバオイル
砂漠地帯に自生するツゲ科植物、ホホバの種子から採った液体ワックス(蝋)です。ホホバワックスとも呼ばれ、無色~黄色。抗酸化作用に優れ、手作り化粧品の材料としても広く使われています。冬場は低温で固まることがありますが、暖めると液体に戻ります。

マカデミアナッツオイル
マカデミアナッツの種子から採れる植物性油脂。淡黄色でわずかに匂いがあります。皮脂に近い脂肪酸(パルミトレイン酸)を多く含み、肌への浸透力と若返り効果が非常に高いオイルです。

オリーブオイル
オリーブの果実からとれる植物性油脂。淡黄色~淡緑黄色。栄養価が高く、食用や手作り石けんの材料などにも使われます。

コメントは受け付けていません。