アロマ 香りの働き(4) 皮膚 からの 吸入

皮膚 を通じた 芳香成分 の 吸入

精油 (エッセンシャルオイル)の 成分 は、 皮膚 からも体内 に取り込まれることが知られています。

人の 皮膚 には皮脂膜や角質層があるので、通常は物質を簡単に体内に通しません。しかしエッセンシャルオイルの芳香成分は非常に小さな分子構造のため、皮膚から内部に浸透することができます。

皮膚から吸入する場合、主に水で薄めたオイルを肌に塗る方法がとられます。

皮膚に浸透した成分は、毛細血管やリンパ管に入って全身をめぐっていきます。

エッセンシャルオイルの吸入とあわせてマッサージをすると、血行やリンパの流れを良くなり老廃物などの排出も促されるので、芳香成分の浸透がよくなるといわれています。

香りの働き(3) 「呼吸器から血液」

コメントは受け付けていません。