アロマ 香りの働き(3) 呼吸器 から 血液 へ

呼吸器 から 血液へ

エッセンシャルオイル の 香り を吸入し、鼻や口から喉を通って気管や気管支、肺へと達した芳香成分は、肺胞で行われるガス交換によって、毛細血管に吸収されます。

それから血液を通して体中をめぐり、各内蔵に働きかけることとなります。

また、肺からだけでなく、鼻粘膜からも微量ながら芳香成分は取り込まれます。

抗菌 殺菌 作用 のある エッセンシャルオイル を吸入すると、のどや気管を清潔に保ち、風邪の予防などに効果があると言われています。

香りの働き(2)「嗅覚から大脳」
香りの働き(4)「皮膚からの吸入」

コメントは受け付けていません。