自然療法としての アロマテラピー

アロマテラピー は、天然の有効成分が詰まった精油 ( エッセンシャルオイル )を使い、心や体の状態をよくしていくことを目的とする 自然療法 の一つです。

最近は病院などでも アロマテラピー を利用して治療 を行うところが増えてきました。

精油 には数十から数百もの 芳香成分 が含まれており、その 効能 も多岐にわたります。

アロマテラピーは、良い香りでなんとなくリラックスできるといった感覚的な効果だけでなく、医学的見地からも様々な効果が検証され、科学的な研究が日々行われている分野となっています。

コメントは受け付けていません。