芳香(aroma)+療法(therapy)=アロマテラピー

アロマテラピー という言葉は、 芳香 という意味の「アロマ(aroma)」と、療法 を意味する「セラピー(therapy)」が合わさってできた造語です。

最初に使われたのは1928年頃で、生みの親はルネ・モーリス・ガットフォセというフランス人の化学者でした。

ガットフォセは、化粧品会社の研究室での事故で、手に火傷を負ってしまいました。その治療にラベンダーの精油を使うと、大きな効果があることを発見しました。

その後『芳香療法』という著書を書き、植物を用いた自然療法としてのアロマテラピーに大きな注目が集まるようになっていきました。

1980年代、日本でもアロマテラピーに関する本が翻訳・紹介されるようになり、広く知られるようになりました。

ちなみに、

  •  フランス語を日本語読みすると アロマテラピー
  •  英語を日本語読みすると アロマセラピー

となりますが、意味は全く一緒です。このサイトではアロマテラピーで統一しています。

コメントは受け付けていません。