TOP >  アロマテラピー 習得のヒント  >  精油の基礎あれこれ
□おうちでレッスン! 初心者のための、本格アロマテラピー講座(DVD付)

精油の基礎あれこれ

今回は、アロマテラピーをするにあたって大切になってくる
精油(アロマオイル)についてのお話です。

 
アロマに興味のある方なら一度は精油の香りを嗅いだ事が
あると思いますが、そもそも、精油とは何なのでしょうか??

 
精油はもちろん、香りの正体とも言える物質です。

 
植物から香りがするのは、「芳香物質」という成分を持っているから。
ただし、精油は単体ではなく、いくつもの芳香成分が混合されたものです。
その成分のひとつひとつに薬理的な作用があります。

 
アロマテラピーでは、必要な作用を起こすための精油を選び、
より効果を高めるためにブレンドして使用します。

 
次に、精油の製造方法を簡単にご紹介します。

 
水蒸気蒸留法

もっとも一般的な方法です。原料となる植物を大きな釜に入れ、
水蒸気を吹き込んで過熱します。こうすると精油成分が気化します。


やがて、冷却させるための管を通るうちに気化していた精油と水蒸気は
また液体に戻るわけですが、精油は水に溶けない性質を持っているので、
最終段階において、水と精油を分離します。


精油を取り除いた後に残った水が、芳香蒸留水です。


 
油脂吸着法

動物の脂(ラード)に、精油成分を移しとる方法です。
冷侵法(アンフルラージュ)と温侵法(マセレーション)が
あります。伝統的な方法ですが、今ではほとんど使われていません。


 
溶剤抽出法

有機溶剤(石油エーテル、ヘキサン、ベンゼンなど)に原料植物を
浸して芳香成分を溶かし、抽出する方法です。

バラやジャスミンなどに用いられることが多く、
この方法で取り出された精油をアブソリュートと呼ばれます。


 
圧搾法

熱を加えずに果皮を押しつぶして精油を絞り出す方法です。
おもに柑橘系果実に用いられます。


 
超臨界流体抽出法

液体二酸化炭素の気体を圧縮して芳香成分を低温で抽出します。
成分が水に触れることもなく、温度変化も少なくてすむことから、
この方法で取り出した精油が一番香りがよいとされています。

しかし、今のところ使用する機械が高価なためまだあまり普及はしていません。


 
以上見たような5種類の製造方法によって精油は精製されます。


 
ここで、精油の選び方についてもポイントを3つご紹介します。

 
●100%ピュアでオーガニックであること
●ラベルに学名・科名・抽出部位などが明記されていること
●遮光瓶でドロッパーまたはスポイト付であること


 
この条件を満たすものが安心できる精油だといえます。


 
また、精油は大変貴重なもの。何キロもの植物からほんの数滴
とることができるわけですから、値が張ってしまうのも仕方ありません。

 
1滴あたり○万円の値がつく精油もある位です。
それをふまえておくと、非常に安い値段がついている精油には
何かワケがある?? と思わずにはいられませんね。


 
次回は、『始めるには何を準備すればいいの?』です。


 
初心者のための、本格アロマテラピー講座(DVD付)

 

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数

スポンサードリンク

お気に入りに追加

サイト内検索